*
8b5cd1fd1fde897442a093494d649184_s


今話題のクエン酸。どんな効果があるのか?

今、美容のみならず、掃除の際の水垢落しにまで効果があると注目を浴びているクエン酸。いまやドラッグストアーやスーパーなどでも粉末状になったものが売られています。

クエン酸とは、かんきつ類などに多く含まれている成分で、かんきつ類の果物がすっぱいと感じるのはこのクエン酸によるものです。

今話題のクエン酸をどのように日常生活に取り入れていけばいいのかについて紹介していきます。


クエン酸の活用法について

・疲労回復
クエン酸の含まれている食べものを食べたり、クエン酸のサプリメントなどを服用することによって、会内の疲労物質である乳酸を分解したり、乳酸の生産を抑えることによって疲労回復に役立つといわれています。
・血行促進
クエン酸は体内に取り込まれるとアルカリ性に変化し、血液のアルカリ性の度合いを高め、血液をさらさらに刷る効果があるといわれています。この効果によってさまざまな美容や健康の効果が期待されています。
・ミネラルの吸収を促進させる
クエン酸にはキレート作用というミネラルの吸収を促進させる働きがあります。 ミネラルは人間の身体を構成するために必要不可欠である成分でありながら、通常の食事では不足しがちな栄養素です。 このミネラルの吸収を高めることによってアンチエイジングの効果などが期待されています。
・抗酸化作用
栄養素などが酸化するのを防ぐ働きのほか、体の細胞を酸化させてしまう活性酸素を取り除く働きがあります。
・炭酸カルシウムを溶かす
水垢などに含まれる炭酸カルシウムを溶かす働きがあります。この働きによって電気ポットや加湿器内の水垢の掃除や台所周りの掃除用品としても使用されています。

クエン酸のこのような働きによって美容や健康、掃除や洗濯などさまざまなシーンでクエン酸が大活躍しているのです。


日常生活の中のクエン酸

m016-165


食品やドリンク、さらには洗剤まで、さまざまな効果や効能が話題となっているクエン酸。このクエン酸の働きから、美容や健康、アンチエイジングなど、我々の生活に欠かせない成分であることがわかってきました。

近年ではその効果の広さからサプリメントまで登場し、摂取しやすくなってきています。

具体的にどのような用いられ方でどのような効果が期待できるのか、クエン酸の効果についてまとめてみました。


使われ方によって異なるクエン酸の効果

■クエン酸を含む食品やサプリメント、ドリンクなどを摂取することで得られる効果

・食欲回復
なかなか忙しくて、お腹がすいているのに食事を取っている暇がない。お腹が減るピークを超えると気分が悪くなってきたりします。 クエン酸には胃液の分泌を促したり、胃の働きを活性化させる効果があり、食欲を回復させる効果があります。
・疲労回復
人間は摂取した栄養を体の中でエネルギーに変換させて活動しています。この栄養をエネルギーに変える行程の中にクエン酸回路があります。クエン酸を体内に取り入れることによってこのクエン酸回路が正常に働き、疲労物質である乳酸を分解したり、乳酸の生産を抑えたりすることによって、体内のエネルギー生産を盛んにして、疲労を軽減、回復させる効果があります。
・血流改善
クエン酸は体内に入るとアルカリ性の性質に変化します。 そのため、血液をアルカリ性にしてさらさらの状態にさせる効果があります。 この効果によって高血圧や動脈硬化、脳梗塞、心筋梗塞など血液が詰まることによって起こるさまざまな病気を防ぐといわれています。 また、血量が改善されることで新陳代謝が促進され、美肌や冷え性、生理痛などにもも効果が期待できます。
・尿酸値を下げる
体内に入るとアルカリ性の性質に変化することから、尿をアルカリ性にする働きがあります。それによって尿の中に尿酸を多く溶かして排出させ、体内の尿酸値を下げる働きがあります。 この効果によって通風の予防効果が期待できます。
・尿路結石の予防
クエン酸が体内に入ると尿をアルカリ化するだけでなく、尿中のカルシウムと結合する作用があります。 この作用によって尿中のカルシウムが結合して起こる尿路結石を予防する効果があります。
・ミネラルと結びつく
クエン酸にはミネラルの吸収を促進させる「キレート作用」があります。これにより、人体にミネラルを多く取り込むことができるため、アンチエイジング効果が期待されています。 さらに、ミネラルをより多く吸収することによって、体内に不要な活性酸素を取り除く働きがあります。この作用によってがんなどの予防にも役立つといわれています。

■洗顔や入浴に用いることで得られる効果

・美肌効果
洗顔の後にクエン酸を溶かしたぬるま湯をかけることによって、ピーリング効果で古い角質などを落としてくれるほか、抗炎症効果も期待できるため、新しい肌作りを促進します。 入浴剤としてお風呂に溶かすと全身の肌に効果があります。肌荒れやくすみ、シミ、にきびなどの肌トラブルが起こりにくくなります。

■掃除に用いることで得られる効果

・水周りの汚れに効果絶大
水垢の主成分である炭酸カルシウムを溶かす働きによって電気ポットや加湿器などの水垢落しに非常に効果を発揮します。 また、悪臭などを中和させたり、抗菌効果もあるため、水周りの掃除には欠かせないアイテムとして注目を浴びています。

記事一覧!

美容効果の高いクエン酸の使用法